自分別に嫌いになったわけでは無いよ
」と責める彼にいいました。

彼は、私との恋愛に不安を抱いていたようで、ある日その感情を爆発させたのです。
君の態度はどう考えても、俺と続けて行こうと思っている態度には見えない」と。
正直、心外でした。
彼との関係を終わらせたいとも考えたことも在りませんし
続けていこうと思えないような言動などしているつもりは微塵もありませんでした。

これが受け止め方の違いなのかなと思いました。
そして、何とか自分の気持ちを彼に伝わるようにと考えるキッカケになりました。
相手に伝えようと努力し始めた時ようやく私は自分の心と向き合ったような気がします。

その時に、私は初めて「自分と出会った」と思うんです。
冷静になってみると、彼に対して誤解を招くような言動を繰り返していた自分に気がつきましたし
愛情を伝えていくことが下手だったという事にも気がつきました。
そして下手だから仕方が無いと何処かで諦めていた自分にも。

新しく出会ってみたことで、知らなかった自分自身の側面を色々と知ることができました。

そのことで態度や言葉を改めてみることが出来ましたし
彼が抱いていた不安も消えてくれたようで、ようやく心と心のコンタクトがスムーズになったような気がしました。